HOME > 石原明のおすすめ本ライブラリー

石原明のおすすめ本ライブラリー

ここでは、私石原が経営コンサルタントとしての自分の軸を作り、それをブラさずに守っていく上で、とても大きな影響を与えてくれた書籍を紹介します。

どの本も、何度読み返してもその度に新しい発見があり、また忘れてはいけない原点を思い起こさせてくれます。ぜひみなさんも手に取ってみていただければと思います。

『評伝 出光佐三-士魂商才の軌跡』(高倉秀二著)プレジデント社

評伝 出光佐三-士魂商才の軌跡(高倉秀二著)

この本を手にしたのは、私がまだコンサルタントとして独立する前で、当時は外資系の研修会社で教育ビジネスに携わっていたころです。すでにコンサルタントとして独立することを考えていましたが、自分がコンサルタントとして一生仕事をしていくのに、どのようなあり方を目指すべきか、まだ明確にはなっていませんでした。

出光佐三氏については以前から興味があり、世界中で類を見ない程、社員が一致団結していることで有名な出光興産のことも知りたいと思っていましたが、こうした創業者の評伝ものというのは、往々にしてご自身の冒険活劇のようなところがあったりして、読み物として「あー面白かった」で終わってしまう本も多いと思います。しかし本書は、企業経営や経営者のあり方などについても、実に示唆に富んだ、実践的なアドバイスに溢れるすばらしい内容でした。

私のコンサルティングのやり方は、ビジネスモデルやマーケティングをどんどん変えて、まずはとにかく売れる状態を作ってしまい、そこから組織全体を変えてしまうというものです。そういう意味でかなり合理的な手法を取っているとは思いますが、決して売上至上主義や成果主義のような、(短期的に見て)合理的なことをやっているわけではありません。むしろ伝統的な日本の経営である家族主義というものも大切にしています。

出光興産のモットーである「人間尊重」「大家族主義」「黄金の奴隷たるなかれ」「生産者から消費者へ」のうち、「大家族主義」という考え方には、ある意味とても大きな刺激を受けました。これは、「社員だから家族」ということではなく、「志を一つにしているものは家族である」という出光佐三氏の考えを反映したものだと思います。

企業経営とは不思議なもので、合理的なものを追及しすぎると必ずそのことによる問題がでてきます。この「大家族主義」というのは、一見すると現代の経営傾向とは程遠いようですが、こうした余裕のある組織運営の姿勢や、「仲間である社員を守る」という家族主義的な考え方は、目にはつきにくいですが経営の危機をうまく救ってくれているのです。私は経営者の方にこういうことを説明するときに「ハンドルを切りすぎないで余裕を持たせる」という言い方をしていますが、人には感情があり、仕事への意欲や成果は感情によって大きく左右されるもので、合理的なことだけがよい結果をもたらすわけではありません。

また、私が組織形態のあり方についても、プロジェクト型よりもピラミッド型を推奨しているのは、今だけではなく、数年先のことも考えているからです。プロジェクト型でなにか進行していても、それを支えるのはピラミッド型の会社組織であるべきです。世代交代をうまくさせて組織の屋台骨を強化しなければいけません。

さらに、出光佐三氏を語る上で欠かせない「士魂商才」、すなわち、「志は高くともしっかりそろばん勘定もする」という姿勢も、本書から得た大きな学びの一つです。マーケティングは一つの技術なので、これをうまく使えば、良くないものでも売ることができてしまいます。しかし、それで短期的に利益を得たとしても、長い目で見れば、こうした行為によって自分たちの立場が悪くなるわけです。

出光氏のように、「そこに志はあるのか」、「それはどんな志であるのか」を自分に問いかけることで、経営の行く先を見誤らないですむのかもしれません。

私はこの本を個人的に150冊購入し、皆さんに勧めてきました。人それぞれ琴線に触れるところは違うでしょうが、自身が出光氏になれなくても、出光氏の足跡から学ぶべきことはたくさんあります。経営にはたくさんの理論があってそれぞれが正しいので、それらの中からどれを選ぶのかという選択の問題になりますが、私は本書を読んだことで、そうした自分の経営理論の柱を作ることができました。この柱はその後、一切ぶれることはありません。

大企業の社長になった後も、自分と同じように自分の会社で働いている人たちは自由なのだろうかと思い悩む出光氏の姿は、読み返すたびに自分への問いかけとなって、慢心を諫め、気持ちに喝を入れてくれます。

『成長するものだけが生き残る』(上原春男著)サンマーク出版

成長するものだけが生き残る(上原春男著)

著者の上原先生は、海洋温度差発電という独創的なテーマを掲げ、長年にわたり研究して来られた学者さんですが、その気の遠くなるような長い研究の中から得た一つの答えがこの本のタイトルである「成長するものだけが生き残る」ということでした。本書では、個人でも会社でも、成長し発展するために必要な共通の原理が5つ解説されていますが、数多く出版されている自己啓発ものの書籍などは、実は上原先生の考えを踏襲したものだなというのがこの本を読むとわかってしまったりします。

上原先生の数点の著作物は、現在、日本中のコンサルタントの教科書のような役割をしていますが、1万円を超えるなど、書籍としては金額的にどうしても高額なものが多く、一般の方には少しオススメしずらい(もちろん内容的な価値からすれば1万円でも安すぎるくらいですが)という状況でした。そんな中で、手頃な値段で読める本書を一度手に取り、「成長する」ということはどのようなことなのかについて考えてみていただきたいと思います。

さらりと読むことができる文体でありながら、本書で紹介されている原理やその解説などはどれも大変奥深く、書かれている内容にときに励まされつつ、大きな気付きを得ることが出来ます。また物事の観点を示して論理を誘導するのがとても上手なので、自然に納得できます。環境問題に人生をかけて取り組んだ来られた著者が、「万物は成長していく」という結論を導きだした経緯に触れ、成長することの本質とそのために何が必要かということを、ぜひ本書から学んでください。

『俄―浪華遊侠伝』(司馬遼太郎著)講談社

俄―浪華遊侠伝(司馬遼太郎著)

破天荒に生きた大阪の博徒、明石屋万吉の物語を、歴史考察を入れながらドラマ仕立てに書き上げられた本書は、まずその面白さに圧倒され、自分がまるで主人公になったような気分でストーリーに入りこませるパワーがあります。

明石屋万吉は、それはもうハチャメチャな出来事を乗り越え成り上がっていきます。その過程で、数々の困難に直面するのですが、その窮地で彼を救ってくれたのは「今の困難にあっているのは俺じゃない」という第三者的な気持ち。問題に没頭し行き詰ってしまうより、まるで人ごとのように受け流していくという対処法は、経営者に求められる資質の一つだと思います。

本当に苦しいとき、孤立してしまったときでも、それを茶化すくらいの余裕があれば、なんとかなります。自分を一歩引いてみると、意外にも解決法が見つかるものです。心配事に捉われていると心も体も動かないものですが、そこを笑ってみる余裕や、「こんな目にあっているのは自分じゃない」という思い込みも、苦しい状況から自分を救いあげる方法ではないでしょうか。絶体絶命になったら、笑って自分をほぐすのが一番。ぜひ明石屋万吉の対処法に学んでみてください。

ポッドキャストインキュベーションミーティング
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』
石田衣良ブックトーク

  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み