HOME > メールマガジン > バックナンバー > # 715 【線形思考と非線形思考】

バックナンバー

715【線形思考と非線形思考】

  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
■2017.07.18━━━━━━━━━━━━━━━■■■

[2002年創刊]日本初!本格的経営者向けメルマガ

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

-シリーズ第6弾!
多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう編-
               
■■■━━━━━━━━━━━━━読者数21,112名■

昨日は海の日だったので、今週は1日遅れの配信です。

それでは、第715回のはじまり、はじまりです(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
■【最新刊 好評発売中!!】□■□■□■□■□■

『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 石原 明(著)¥ 1,600円(+税)ダイヤモンド社
 http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<<大人気!石原明のポッドキャスト♪>>

◎毎週金曜日・無料版『経営のヒント+(プラス)』
「第391回 オーストラリア在住のギタリストです。
音楽はどうマーケティングすべき?」」
http://www.ishihara-akira.com/plus/002874.php

◎毎月27日・有料版『経営のヒント プレミアム』
「第74回 文化・伝統を残す」
http://ishihara-akira.com/premium/program/170627/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今週のポイント>

★線形思考と非線形思考

★あっと驚くアイデアは非線形思考から生まれる

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

関東は梅雨明けを待たずして猛暑日が続いていますが、
この夏は、脳みそにも思い切り汗をかきたいものです!

そこでこの度、経営計画書づくりを半日で学べる特別
プログラムをご用意しました(*^^)v

机上の空論に終わらない、現場レベルで役に立つ経営
計画書のつくり方を、ご存知「がんばれ社長!」代表、
武沢信行氏が直々にご指導くださいます。

他にはない、自分だけの最強の経営計画書づくりを、
ぜひこの機会に体験してください。


●開催日程:8月23日(水) 13:00~17:30
      10月5日(木) 13:00~17:30

================================================

 ★詳細&セミナーのお申込みはコチラから★
      ↓  ↓  ↓
  http://www.nextcollege.jp/c/bp-cource

================================================


それでは、今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズ
に進むように、まずはいつもどおり頭の体操「Q&A」
コーナーからスタートです(@^^)/~~~


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃企業が社会貢献できるような
┃ ┃  ビジネスモデルがあれば教えてください
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これからの時代、企業も社会貢献する姿勢が必要
 だと考えているのですが、研究者や留学生を支援
 できるようなビジネスモデルがあればぜひ教えて
 ください。


 あなたならこの質問にどうお答えになりますか?
     ★私の答えは、最後にありまーす(^_^)/~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■ぼくだったら、そこは、うなづかない。<<Vol.111>>

--《前回の復習》-------------------------------

◎今あるものを受け入れて違うものにする力
⇒ゼロからイチをつくるだけでなく、今あるものを
受け入れて違うものにする・・・日本はそんな
  クリエイティビティを持っている国です。

◎日本はとっても「クリエイティブ」な国!
⇒何かと何かを融合して、別のものとして発信する
  とか、何かデフォルメして、ご本家よりカワイク
しちゃうとか・・・日本人はとっても得意です!

-----------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「ものづくりが危機的状況。
           日本、やばいでしょ。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼
▽▽
▼▼
╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋
  
    大丈夫、
     日本はものづくりだけじゃないから。

╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋

前回は、日本はとっても「クリエイティブ」な国!
だというお話をしました。

じつは、日本人の思考は、世界的に見ても結構特殊で、
“非線形思考”と呼ばれる思考のしかたをするんです。

対して、欧米人の場合“線形思考”をする方が多く、
「Plan → Do → See」などは、その最たるものです。

最小限の努力で最大の効果を上げるためには、線の
上を歩いて行くべきだ、と考えるわけですね。

ところが、日本には四季の変化があるので、すべて
の条件が画一化せず、同じことをやっても、夏と
冬ではまったく違う結果になるといったことを、
日本人は自然に受け止められますよね。

ですから、ある目的地へ向かう場合も、ああ行って
もいいし、こう行ってもいいよね、と考えるわけです。

線形思考とは、言わばムダをそぎ落とす思考ですから、
3コものごとが進む間には、非線形思考の人が、そぎ
落とさずにおいた部分(線形思考で言うところのムダ)
が、しだいに厚みを増してくるのです。

はっきりとした理由はわかりませんが、こうした思考
は日本古来からのもののようで、たとえば、種子島から
鉄砲が伝来した時もそうでした。

西洋では、そもそも銃は「的(まと)」に向けて撃つ
ものと相場が決まっていましたが、織田信長は「あの辺
に打て!」と家臣に命じたと言います(@_@)

これって、線形思考の人には、理解しがたい命令ですよね。

「あの辺って・・・どの辺?」と、
目を白黒させてしまうのが落ちでしょう。

ところが、多くの日本人は、信長が意図するところを
感じ取ることができるはずです。

そうした思考力があったからこそ、、西洋から入って
きた文化を自在にアレンジし、まったく別のものに変
えてしまうといったことができたのだと思います。

世界があっと驚くようなアイデアやひらめきは、すべて
この非線形思考からしか生まれようがないのですが・・・
この続きは、また次回、お話しま~す(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━次号に続く・・・■

■勉強会のご案内━━━━━━━━━━━━━■■■

★私が主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会。
 東京・大阪・名古屋で月1回の開催を積み重ね17年
 になりました! 

 参加費は3千円(ビジター参加6千円)です。
 興味のある方は、ぜひご参加ください。
 

◎7月のゲスト:税理士・財務コンサルタント 大久保圭太先生
『出口から考える財務戦略とは!?
   ~事業拡大する経営者だけが知っている財務の知識~』

■東京第187回 :7月18日(火)18:30~20:30
「東京国際フォーラム」G402号
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=557

★東京会場では、勉強会終了後に懇親会があります!★

☆過去の東京勉強会の様子は「勉強会ダイジェスト」で☆
http://www.ishihara-akira.com/club/study/digest/index.html


■大阪第188回 :7月25日(火)18:30~20:30
「大阪産業創造館」 5F 研究室C
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=558

☆大阪では東京勉強会の内容を石原明が徹底レビューいたします!


========================
★書籍・CD・経営情報レポート合冊本購入に際して
 
石原明.comサイトからの書籍等の購入に際して、
クレジット決済が可能になり、配送料が無料になりました!
>>> http://www.ishihara-akira.com/shop/index.php

◆『「成功曲線」を描こう。夢をかなえる6つの黄金律』
 セミナーDVDの購入が可能です!

◆合冊本3冊以上ご購入で、「石原明オリジナル書き
 下ろしプレミアムメッセージしおり」をプレゼント!
========================


■セミナーのご案内[1] ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

【セミナー】

  社長自身が自分の可能性を再確認するセミナー


************************************************

石原明も認めたエグゼクティブコーチ・
秋山 ジョー 賢司 氏。

このセミナーに来た人は、受け終わった後、
おおよそ3パターンの感想に分かれます。

1.受けるのには、時期尚早だった
2.わからないですけど、まずは自分でやってみます
3.自分の新たな可能性が見えました

特にこの3番の方は、さらに2つに分かれます。

1.そんな自分にワクワクする
2.新しい可能性が見えてビビる

今、うまくいっている、うまくいっていないは
関係ないのです。

自分自身に新たな可能性を発見するだけで
世界は格段に広がっていくからです。

そして、このセミナーで感じた
「自分の新たな可能性」を信じていただきたい。

それが、いつも目の前にたちはだかっていた「壁」を
乗り越えるための最初のステップだからです。

定員5名、残席僅かです。
ぜひ、お早めのお申込みを!

------------------------------------------------

●開催日:8月 8日(火)
9月 7日(木) 
              
●時間: 18時~20時(開場17:45)   
      
●参加費用:3,000円

●定員:5名(先着順)


★詳細・お申し込みはこちら
 >>> http://kiwa-ec.co.jp/ckseminar_ja01

------------------------------------------------


■セミナーのご案内[2] ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

【中小企業限定セミナー】
  
   人事評価制度で目指せ社員育成! 
ノウハウ公開中!

************************************************

中小企業において、社員育成は大きな課題の一つです。

社員自身が思っているイメージと上司がその社員に
抱いているイメージにかい離があることはありませんか?

実は、そのかい離を小さくしていくことが
社員育成の大きなポイントになるんです。

キーワードは、「自己認知力」を高めてもらうこと。

自分がどんな人間か? セルフイメージに加え、
他者のイメージをも取り込むことで、視野の幅が格段に
拡がるんですね。そうすると、社員はさらに成長する。

「自己認知力」を高めることは、
人事評価制度をうまく使えば、実現できるんです。

そんな人事評価制度を使って社員育成を行う利点や、
人事評価制度を成功に導くポイントを盛り込んだセミナー
を開催します。

弊社が10年にわたる人事評価制度導入の現場から導き
出したノウハウを凝縮してお届けして参ります。

-----------------------------------------------

●開催日程:8月24日(木)15時~17時(開場14:45~)
      9月15日 (金) 15時~17時(開場14:45~)

●参加費用:1名 3,000円(税込・当日現金払い)

●定員: 5社(先着順)

-----------------------------------------------

詳細・お申し込みはこちら
⇒ http://www.jinji-hyouka.com/seminar.html

-----------------------------------------------


■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃企業が社会貢献できるような
┃ ┃  ビジネスモデルがあれば教えてください
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃A┃【回答その1】
┃ ┃ はっきり言って、
┃ ┃  社会貢献をビジネス化するのは難しいです
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 非常に難しいので、社会貢献をビジネス化すること
 はお勧めしません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇企業が社会貢献をする場合の質問ですが、その社会
 貢献を使って収益を上げるビジネスモデル(と、考
 えているんですよね?)を作るのは難しいと思いま
 すし、やらない方が良いと思います。

〇理由は
  1)それでは社会貢献にならないからですし、

    それに加えて、

  2)不可能と思えるほど難しいと考えるからです。

〇理由の1)それでは社会貢献ではない・・・について
 は、分かりますよね(p_-)

 “〇〇の支援を社会貢献でやっています”と発表して
 いて、中身を見たら“実は儲けを考えていました”
 ・・・では、却って企業のブランドイメージや印象を
 下げてしまいますから、リスクが高すぎます。

〇今はネットの時代で、恐ろしい監視社会の中にいる、
 と経営者はもっと意識しないとダメですし、通常こういっ
 たリークは、ほぼ社内から起きる訳ですが、社員の意識
 が低下するどころか、社員が不信感をもって退社する
 その時に、ネット上の書き込みが増えて、もっと問題が
 増え、恐ろしい状況になりかねませんよね。
 
〇なので、利益をあげる場合は社会貢献は絶対に謳わない、
 ちゃんとした収益事業としての取り組みと社内外にイン
 フォメーションするべきです。

〇理由の2)ビジネスが不可能なほど難しい・・・に関して
 ですが、社会貢献する場合には“原則支援する相手を選べ
 ない!”というか“選ぶべきでは無い!”からです。

 こういう人はOKで、こういう人はNGでは、社会貢献
 とは言えませんよね。

〇この時に難しいのが、例えば研究者の支援をする場合に、
 また留学生の支援をする場合など、やれば分かると
 思いますが、対象となるくくりの人達に能力差がありす
 ぎて・・・もっと言うと優秀な人の絶対値が少なすぎて、
 絶対にビジネスとなり得ないからです。

〇・・・これ、書きながらもっと怖い現実を思いついたの
 ですが、支援してもらわないとダメな人たちはそもそも
 資本主義社会で勝てない要因を内包している方達である
 場合が多いので、支援しても成功しない確率がかなり高
 いとも言えますよね(p_-)

〇だから“成功を考えないで支援は有り”ですが、ビジネス
 化(=成功)を目指した支援は、“そもそも成り立たない” 
 ということですね。

 この回答はちょっと長くなるので、次回に回答その2を
 お伝えします。どうぞ、楽しみにしていてください♪


★みなさんからのご意見、そして質問もお待ちしてます!
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』は、ビジ
 ネスセンスを磨き、勝てるビジネスモデルやマーケ
 ティングロジックを発想できるようになるための、
 毎月の各種情報提供を基にした、経営やマーケティ
 ング能力を最短で身につけていただくための年会費
 制の勉強会です(*^^)v

☆2000年に発足し今年で丸17年を迎えます。会員数は
 現在1,300名以上。毎月行われる東京、大阪の勉強会
も180回を超えています。
 
☆ご興味のある方は、こちらをじっくりお読みになっ
 てみてください。
  http://ishihara-akira.com/ttcl/

☆入会に関するお問い合わせなどはこちらまで。
  (担当:吉川)
⇒ top3club@nihonkeiei-lab.jp
  Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━■■■

〇今日は私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の
 東京勉強会です。税理士・財務コンサルタントの
 大久保圭太先生をゲストにお迎えしているので、
 かなり刺激的な勉強会になると思います(#^^#)
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=557
 

             それではまた来週!(^^)!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------
■石原明のオフィシャルマガジン【不定期情報通信】
  http://www.ishihara-akira.com/magazine_irreg/
------------------------------------------------
■ポッドキャスト『石原明の経営のヒント+(プラス)』
 金曜配信♪
 http://www.ishihara-akira.com/plus/
◎不定期配信『石原明の経営のヒント グローバル』
 http://www.ishihara-akira.com/global/
◎毎月27日『石原明の経営のヒント プレミアム』
 http://ishihara-akira.com/premium/
------------------------------------------------
■石原明の「オーディオブック」発売中♪
 『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
  >>> http://www.febe.jp/product/190649
------------------------------------------------
■【Facebook】石原明.com
 https://www.facebook.com/ishihara.akira.author
------------------------------------------------
■ブログ「経営のヒント」
 http://www.ishihara-akira.com/blog/
------------------------------------------------
■石原明の知的経営の切り口
 http://board03.keikai.topblog.jp/
------------------------------------------------
■著書・発行物一覧
 http://www.ishihara-akira.com/shop/

◎『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 (ダイヤモンド社 \1728)
http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/ 

◎『ぼくだったら、そこは、うなずかない。』
 (ぼくら社 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4833441225/

◎『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』
 (中経出版 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4806148571/

◎『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
(中経出版 ¥648)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806144428/

◎『すべてが見えてくる飛躍の法則 
ビジネスは、<三人称>で考える。』
 (アスペクト \1512)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757220936/
------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/index.php
------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除
http://www.ishihara-akira.com/magazine/
------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】僖績経営理舎株式会社
     (日本経営教育研究所)
     http://www.nihonkeiei-lab.jp/
     
     〒101-0003 千代田区一ツ橋2-4-3 10F
     Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
     営業時間: 10:00~18:00

【発行責任者】経営コンサルタント 
       石原 明 Akira Ishihara
       http://www.ishihara-akira.com/

■━━━━━━━━━━━━━Copyright (C) 2017■
このメルマガに掲載された記事の内容を許可なく転載
することを固く禁じます。事前にお問い合わせ下さい。
  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
ポッドキャストインキュベーションミーティング
石原明の経営のヒントグローバル
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』
石田衣良ブックトーク

  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み