プログラム 一話ずつの購入

経営のヒントプレミアムは、経営コンサルタント、石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説した音声コンテンツです。

プログラム内容は、「生き方の極意:成長への取り組み:経営の真髄:から選んだ各回のメインコンテンツ」(約40分)「注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介」(約10分)「今月の一冊」(約10分)の3部作となっていて、石原明とプロデューサー早川洋平氏の対談形式で収録されています。

第13回 「あなたは1万円の商品を売る仕事に就くか、100万円の商品を売る仕事に就くか ~石原明の富裕層をターゲットにする場合のビジネス思考を特別公開します!~」

  • このプログラムを一話ずつの購入
  • 定期購読を申し込む

メインコンテンツ

「あなたは1万円の商品を売る仕事に就くか、100万円の商品を売る仕事に就くか ~石原明の富裕層をターゲットにする場合のビジネス思考を特別公開します!~」

石原明からのメッセージ


今の日本もそうですが、景気が悪くなると、みんな一斉に「下」を目指して動き出します。商品やサービスの価格を下げたり、ターゲットのランクを落としたり・・・しかし、私はまったく逆だと思っていて、たとえどんな時代でも、ビジネスは安いものを売るより高いものを売ったほうが断然おもしろいものです(*^^)vもちろん、その方の個性に合ったスタイルがあるので、自分は「B to B」に向くのか「B to C」に向くのか冷静に判断してほしいところですが、もしあなたが新しく仕事を選ぶとしたら、単価1万円の商品を売る仕事と100万円の商品を売る仕事のどちらを選ぶでしょうか? こういう質問をすると「100万円のモノを売るのは難しそうだけど、1万円なら買ってもらえるかもしれない」と考える人が不思議なくらい多いので、いわゆる富裕層マーケットに対する商品やサービスは常に"品薄"状態なのです(ーー;) だからこそ私は、本気でここを目指したビジネスを創ろうと考えています。
富裕層ビジネスを成功させるには、その人たちがどんな価値観で生きているのかを深く理解する必要があります。ちなみに私が言う富裕層とは、年収や資産の額で決められるものではなく「ある価値観」を持って生きている方たちのことです。ここをわからないで富裕層ビジネスを始めてしまうと大変なことになりますから、まずこの番組を聞いてちゃんと理解してほしいところです。
私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会でもよくお話するのですが、「商品の金額=マーケット」です。たとえば、1時間3,600円のエステもあれば、6,800円の店もあるし、3万円や10万円のところもあるはずで、それぞれのエステにはそれに見合った層のお客さんが来店しますよね。つまりそれぞれの店のスタッフは、触れ合う方の層が全く違うという構図になります。この先の人生を決めるのに最も大切なのは「自分がどの層の情報を持っているか」という部分なのですが、それをわかった上で冒頭の質問をもう一度考えてみると・・・どうでしょう? 答えは変わってきませんか? 100万円の売上げを上げるのに、単価1万円なら100人のお客さんが必要です。何か売ったらこちらにも責任が発生しますから、その後は100人の顧客対応に追われることになるでしょう。対して100万円の商品なら、たった一人もしくは一社の大事なお客さんと楽しいおつきあいを続けていけばいいのです。私なら、断然こっちを選びます(*^_^*) 今回の番組は、単なるビジネス論にとどまらず、あなたの人生そのものを変えてしまうかもしれません。ぜひワクワクしながら聴いてみてください♪

注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介

ミスターミニット×佐川急便=「楽リペ」

靴修理チェーンの「ミスターミニット」が佐川急便と組んで"衝撃的"なサービスを展開し始めました。その名も「楽リぺ」。佐川のドライバーが修理したい靴を引き取りに来てくれて、修理が終わると"送料無料"で届けてくれるのです。現在のサービスエリアは東京と神奈川だけですが、店舗に持ち込むのとほぼ同じ料金で全国展開されたら、同業者はたまったものではありません(ーー;) 最近はこんなふうに大手同士がくっついて「最強のモデル」をつくるというパターンが増えてきていますが、もともとベルギーの企業である「ミスターミニット」は、超がつくほどの優良会社です。同社の社長もとびっきりの富裕層ですが(笑)、「その国で一番安く仕入れて高く売る」をコンセプトに、着々と海外進出を成功させてきました。果たして同社が日本でこの新サービスを始めた真意はどこにあるのか・・・私なりの切り口で解説しています。

今月の一冊

『小倉昌男 経営学』 小倉 昌男 (著)
1999年10月・日経BP社

今回ご紹介するのは、年に一度は読み返してほしい名著『小倉昌男 経営学』です。「クロネコヤマトの宅急便」という画期的なビジネスを世に生み出した小倉昌男氏のお名前が冠についているだけあって、経営の神髄に触れられるすばらしい本だと思います。私はいつも「経営は年々簡単になっている」と教えているのですが、その昔はパソコンもインターネットもなかったわけですし、モノを売ろうと思ったら自社で届ける必要がありました。全国津々浦々まで物流のインフラを引いたという面で、小倉氏はビジネス界の後進から感謝されるべき存在です。ぜひ敬意を持って、じっくり読み込んでみてください(*^_^*)

この書籍を紹介した記事が石原明.comにありますので、参考にしてください。

プログラム一話ずつの購入価格 3,790円(税別)

  • ※パソコンでダウンロードして携帯型音楽プレーヤーで聴くことができます。
  • ※倍速音声ダウンロードはついておりません。
  • ※倍速音声特典付き・お得な料金設定の定期購読もご検討ください。

購入申込み

申込む
定期購読者 ダウンロードページ
バンクナンバー ダウンロードページ
プログラムへの感想やご質問はこちら
ページの先頭へ