プログラム 一話ずつの購入

経営のヒントプレミアムは、経営コンサルタント、石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説した音声コンテンツです。

プログラム内容は、「生き方の極意:成長への取り組み:経営の真髄:から選んだ各回のメインコンテンツ」(約40分)「注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介」(約10分)「今月の一冊」(約10分)の3部作となっていて、石原明とプロデューサー早川洋平氏の対談形式で収録されています。

第27回 「石原流・感性とセンスの磨き方 ~ワクワクしない人にいいものは作れない!~」

  • このプログラムを一話ずつの購入
  • 定期購読を申し込む

メインコンテンツ

「石原流・感性とセンスの磨き方 ~ワクワクしない人にいいものは作れない!~

石原明からのメッセージ

今回の番組は、香港のハーバーシティからお届けすることになりました♪ 海を目の前にしたレストランで収録することになっていたのですが、なんと!偶然にもここハーバービューに「Rubber Duck Project 2013」が来ていたのには驚きました。「ラバーダック」ってご存じですか? よく子どもがお風呂に浮かべて遊ぶようなアヒルのおもちゃのことですが、その超巨大版が香港の海にプカプカと浮かんでいるわけです(@_@。小さいものを大きく(その逆もありますが)すると、人間の感情を直撃しますから、私たちは「わー・きゃー」言いながら収録していたので、いつも以上に楽しい番組になっているんじゃないかと思います(*^_^*) 
特に、一緒に旅行などをするとわかりますが、感性やセンスがいい人はいろんなモノに気づき、反応しますよね。つまり「わー・きゃー」が結構大事なわけで、私はものごとにワクワク・ドキドキしない人に、決していいモノは作れないと思っているんです! つまり、モノを売ったり、人を動かしたり、感動させたりするには、技術や知識以上に"創り手の感性"が大事だと思っているわけですね。
しかし、世の中では「感性やセンスは決して先天的なもの」「努力では身につかない」と思い込んでいる人がたくさんいるようです。ハッキリ言いますが、これはまったくの誤解(というか洗脳?)ですので、気をつけてください。感性もセンスも、いいモノをたくさん見たり聞いたり、感性のいい人と一緒にいることで、どんどん磨かれていくものです。私自身も、業種を問わないコンサルという仕事を通して、いつのまにか磨かれたように思いますが、今回はそんな体験も含めながら、今後のビジネスの資質として不可欠な「感性とセンスの磨き方」をたっぷり解説しました。この番組を聞いたら、ビジネススタイルのみならず、人生そのものが変わってしまう可能性がありますから、ぜひワクワクしながらダウンロードしてください(^_^)/~


注目の企業

偉良織造有限公司(アバンス)

今回は、このコーナー初の試みとして"ゲスト"をお迎えしてお届けします。香港にある私の顧問先「アバンス」の山尾社長です。ニット製品を中心に、アパレル関係の会社を数社経営する社長さんですが、彼は卒業後すぐに香港に渡り、29歳で起業。ここ香港で20年以上のビジネス経験を持っているわけですが、「誰も助けてくれない」環境の中で、いかにビジネスを立ち上げていったのかを、ご本人の口からお話いただきました。そんな山尾社長が勧めてくれたのが「中年留学」。彼いわく、40歳を過ぎて海外経験を持つことは結構イイそうですが、「今、経営者はアジアを体験するべきだ」という思いは私も同じです。ぜひこの番組を通して、香港で鍛えられた山尾社長の「思考」に触れてみてください(*^^)v

今月の一冊

『最強のNo.2 -会社と社会で突き抜ける最強のNo.2を極めろ!-』曽山 哲人(著) 2013年4月・ ディスカヴァー・トゥエンティワン

今回ご紹介するのは、サイバーエージェントの"最強のNo.2"であり、今「人事の世界」から大注目の曽山哲人氏の本です。彼はインターネット産業黎明期の1999年、同社の社員が20人だった頃に入社し、当初6年間は営業マンとして、その後人事本部長を経て、現在は取締役人事本部長という経歴の持ち主ですが、かつては高かった離職率をみごとなまでに改善したのです。そこには彼ならではの確固たる「人事の定義」があります。また、社長になるばかりが人生ではなく、「最強のNo.2を極める」という生き方もあることを教えてくれたという意味でも貴重な一冊だと思います。ぜひ手に取ってみてください。

プログラム一話ずつの購入価格 3,790円(税別)

  • ※パソコンでダウンロードして携帯型音楽プレーヤーで聴くことができます。
  • ※倍速音声ダウンロードはついておりません。
  • ※倍速音声特典付き・お得な料金設定の定期購読もご検討ください。

購入申込み

申込む
定期購読者 ダウンロードページ
バンクナンバー ダウンロードページ
プログラムへの感想やご質問はこちら
ページの先頭へ