プログラム 一話ずつの購入

経営のヒントプレミアムは、経営コンサルタント、石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説した音声コンテンツです。

プログラム内容は、「生き方の極意:成長への取り組み:経営の真髄:から選んだ各回のメインコンテンツ」(約40分)「注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介」(約10分)「今月の一冊」(約10分)の3部作となっていて、石原明とプロデューサー早川洋平氏の対談形式で収録されています。

第67回 「経営者にとっての"遊び"とは何か」

  • このプログラムを一話ずつの購入
  • 定期購読を申し込む

メインコンテンツ

「経営者にとっての"遊び"とは何か

石原明からのメッセージ


今回は第67回ですが、来年に向けての具体的な計画を詰めていくこの時期に、あえてこれからの経営者はどういう思考をするべきか、というテーマを取り上げてみました。みなさんも感じていることだと思いますが、世の中は想像以上のスピードで変化を遂げています。IoT(Internet of Things)やAI(人口知能)の進化で、人間の働き方も劇的に変わるはず。少な目に見積もっても、今ある仕事の6割方はコンピュータに取って変わられると言われています。10年後、あなたの存在価値はどうなっているでしょう? AIに取って変わられないあなたの価値を守るためには、直ちに【思考のマルチ化】を行う必要があるのです(*^^)v
社会人の生活時間は「仕事」と「遊び」に分けられると思いますが、私の定義する「仕事」とは、今現在、直接的な収益を上げる活動で、それ以外はすべて「遊び」! そして、自分の未来は「遊び」の中にこそあると考えています。じつは、人間の持つやっかいな性質に「適合性」があるのですが、人はそもそも環境を変えることを苦手とし、なるべくエネルギーを使わないで生きようとするのが自然な姿なんです。ですから、新しいコトに出会うと、脳がブレーキをかけてしまうらしいのですが、自らそのブレーキを外し【思考をオープンにする】以外、未来永劫、存在価値を発揮する人間にはなれません。そのために必要なのが"遊び"なのです。今回は私の頭の中を思いっきりオープンにしましたので、かなり楽しい番組になっていると思います(#^^#)
 
 

今月の注目

日本経営合理化協会


今回は私も講師を務める「日本経営合理化協会」に注目してみました。世の中にセミナー会社はごまんとありますが、多くのセミナー運営会社は、独自の会員組織を作り、薄く広く収益を上げようと考えるものです。そんな中、同協会の経営方針は異色で、会員ビジネスを否定し、セミナーの中身で真っ向勝負! 他社とは一線を画すセミナーを高額で提供することで収益を上げ続け、今年で50周年を迎えています。私の「資産家・成功塾」もかなり高額ですが(笑)、おかげさまで毎回満席ですでに第四期がスタートしています。みなさんは普段セミナーを受講する立場かもしれませんが、たまにはセミナーを提供する立場から経営を眺めてみるのも、脳のよい刺激になるのでは?

今月の一冊

『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』 須賀 正則(著) 2016年9月 ダイヤモンド社

67_book.jpg今回ご紹介するのは、トヨタ史上最高の「48か月連続」で販売目標を達成した須賀氏だからこそ語れる"組織論"が光る一冊です。彼の着任当時、その販売店はまさに「寄せ集めの集団」だったそうですが、そんなメンバーたちをどんなふうに育成し、最強の組織を作り上げていったのかを、とても具体的に解説してくれています。営業職の場合、瞬間風速的に売上げを上げるのは、さして難しいことではありませんが、それを「継続」できる人や組織は、めったにありません。本書にはその「継続」ためのヒントが満載なので、部下の育成に悩む方はもちろん、多くの管理職の方に手に取ってほしいと思います。

プログラム一話ずつの購入価格 3,790円(税別)

  • ※パソコンでダウンロードして携帯型音楽プレーヤーで聴くことができます。
  • ※倍速音声ダウンロードはついておりません。
  • ※倍速音声特典付き・お得な料金設定の定期購読もご検討ください。

購入申込み

申込む
ページの先頭へ