プログラム 一話ずつの購入

経営のヒントプレミアムは、経営コンサルタント、石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説した音声コンテンツです。

プログラム内容は、「生き方の極意:成長への取り組み:経営の真髄:から選んだ各回のメインコンテンツ」(約40分)「注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介」(約10分)「今月の一冊」(約10分)の3部作となっていて、石原明とプロデューサー早川洋平氏の対談形式で収録されています。

第75回 「日本の目指す将来」

  • このプログラムを一話ずつの購入
  • 定期購読を申し込む

メインコンテンツ

「日本の目指す将来

石原明からのメッセージ


今回は第75回となりますが、「日本の目指す将来」というかなり壮大なテーマを選んでみました。といっても、国家レベルでどうこうという視点ではなく、あくまで経済的な観点から見て、企業経営者はどこを目指すべきか? つまり、今後の社会で、どういうふうに仕事の方向性をつくっていくべきかを、一度真剣に語ってみたかったのです(#^^#)
私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会などではよくお話しするんですが、かつて日本は、一般家庭が洗濯機も冷蔵庫も、もちろんテレビも持たない時代に敗戦を経験し、まさにゼロからの経済復興を遂げたわけです。約70年間にもわたり内需が拡大し続け、世界的に見ても非常に稀な消費大国となりました。
資本主義社会では、「国」と「企業」と「消費者」がスパイラル状に発展していきます。国がつくったインフラをベースに企業が発展し、その企業が雇用を生み、労働者が豊かに消費者へと成熟していきます。こうして、日本経済は類まれなる発展を遂げたわけですが、少子高齢化が進む今後の日本では、もう「内需」は望めない・・・だったらどうすべきか? 答えはシンプルで「これからの日本は"輸出大国"を目指すべき」だと私は考えています(*^^)v 
そのために狙うべきマーケットはどこか? 企業はどんなアプロ―チをしていけばいいのか・・・今回の番組では、そのあたりもざっくばらんにお話しましたので、テレビの経済番組より、役に立つんじゃないでしょうか(笑)。自社の未来の発展を想像し、ワクワクしながらお聴きください♪

今月の注目

Love Career(ラブキャリア)

今回ご紹介するのは「Love Career(ラブキャリア)」という会社。この社名から、何の会社だと思いますか? ・・・誰です? 思わず「キャバクラ」を想像してる人は(笑)。じつは、この社名は「キャリアを愛する」という意味でして、その名のとおり「総合人材サービス」の会社なんです。しかも、クライアントの約9割が一部上場企業で、急成長を続けている超優良企業! サイトの画像だとちょっと強面ですが、社長の坂入氏があまりに優秀なんで、最近うちのプラットホーム(CK PLAT)にも乗ってもらったほどです。かつて彼は上場企業の最年少役員も務めた人物ですが、そのキャリアを活かし、本当の意味で人を大切にするビジネスモデルを作り上げました。今、どこの企業でも、優秀な人材を血眼で探しているこの時代に、ちゃんとした雇用を創出したいという坂入社長の志には、感動すら覚えてしまいます。目指すべき日本の将来のために、必要な一社ではないでしょうか。

今月の一冊

『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』 石原 明(著) 2012年6月 アスペクト

75_book.jpg意外にも、このコーナーで本書を取り上げていませんでした((+_+)) 相棒の早川くんも、何度も履歴をチェックしたそうですが、今回のメインテーマと関連して、ぜひもう一度読み返してほしいと思い、あらためてご紹介したいと思います。じつは今、出版社の在庫が切れているようで、先日あるところで紹介したら、アマゾンのユーズド価格が最高25,000円を記録してしまったのですが(笑)、日本の経営者および役職者は、もっともっと思考の枠組みを拡げる必要があると私は本気で心配していて、そのためにこの本を思いっきり役立ててほしいのです。私の頭の中がそっくり見えてくる本でもありますので、ぜひ何度も読み返し、ご自身の脳みそにしっかりコピ―してください(*^^)v

プログラム一話ずつの購入価格 3,790円(税別)

  • ※パソコンでダウンロードして携帯型音楽プレーヤーで聴くことができます。
  • ※倍速音声ダウンロードはついておりません。
  • ※倍速音声特典付き・お得な料金設定の定期購読もご検討ください。

購入申込み

申込む
ページの先頭へ