プログラム 一話ずつの購入

経営のヒントプレミアムは、経営コンサルタント、石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説した音声コンテンツです。

プログラム内容は、「生き方の極意:成長への取り組み:経営の真髄:から選んだ各回のメインコンテンツ」(約40分)「注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介」(約10分)「今月の一冊」(約10分)の3部作となっていて、石原明とプロデューサー早川洋平氏の対談形式で収録されています。

第80回 「これからの時代の"ブランディング"を考える」

  • このプログラムを一話ずつの購入
  • 定期購読を申し込む

メインコンテンツ

「これからの時代の"ブランディング"を考える

石原明からのメッセージ


ふと気がつけば、今回は第80回! 思えば、このプレミアムを始めたのは大震災の年でした。第1回目の収録を予定していたのが3月12日。"あの日"の翌日だったので、スタートが4月に延びたわけですが・・・あれから7年近くも続けているわけですね(@_@)
さて、そんな記念すべき第80回のテーマには「ブランディング」を取り上げました。このテーマについては、かなり前にもお話したことがありますが(第12回第50回)、この4~5は特に社会が急速に変化しているので、まもなく2018年を迎えるにあたり、今一度「人や企業のブランディング」について、考えてみたいと思ったわけです。
前々回の番組でもお話したとおり、スマホが普及したことで、情報伝達の速さとベースが激変しました。ですからこのタイミングで、個人も企業も「ブランディング」に対する発想を大幅に変えていく必要があるのです。世の中が便利になった反面、情報を発信する側にとっては、ものすごく難しい時代になっていることにお気づきでしょうか? ひと昔前は情報の受け手より発信者側が圧倒的に優位でしたが、誰でも自由に情報発信ができるようになった今、"飽きられないコンテンツ"を創り続けることは、そう簡単なことではありません。継続が大事なことはもちろんですが、いつまでも「同じレベル」の情報を発信している人や企業は、いつの間にか淘汰されてしまうでしょう。
今回の番組では、相棒の早川くんを"実験台"にしつつ(笑)、自己成長を続けながら、ブランド力を上げていくための思考をご伝授しましたので、しっかり聴き込んで自分のものにしてください(*^^)v

今月の注目

imassage(アイマッサージ)

今回注目するのは、まもなくリリースされる「imassage」というサービスです。じつはこの会社の立ち上げには私もかかわっているので、ちょっぴり宣伝の意味もあるのですが(笑)、これからの時代は"こんな発想"でビジネスを立ち上げるべきという良きモデルとして、多いに参考にしてください。この「imassage」のようなモデルを"オンデマンド&シェアリングビジネス"と呼びますが、「今、何かしたい!」を手軽に実現し、なおかつ余っているリソースを共有する・・・それを「マッサージ」の業界で展開しようと考えたのです。ある調査によると、マッサージにかかりたい人の80%は「今日にでも」と思っており、さらに「4時間以内に」と限定しても55%の人が当てはまっているそうです。そこに最先端のマッチング技術と相互評価の仕組みを取り入れたこのサービスがどこまでブレイクするか・・・今後、楽しみに注目していてください(#^^#)

今月の一冊

『犬と話すためのペットサイン入門』 田村 和広(監) ペットサイン協会 (編) 2013年12月 草莽社

80_book.jpgじつは先日、ご縁があってこの本を監修した田村氏とお目にかかったのですが、その思考があまりに壮大なので(笑)、ぜひみなさんにもご紹介したいと思ったんです。ご存じのとおり、私も色々な方とお会いしますが、この分野の方と話すのは初めてだったので、さすがにビックリしてしまいましたが、彼は「動物といかにコミュニケーションを取るか」の研究を真摯に続けている人物で、この分野では最先端を行くオーストラリアの研究者からも「あなたのほうが真剣だ!」という評価を受けているようです。最近私もペットフードの会社をお世話していたりするので、犬だけでなく、すべての生物とコミュニケーションを取り「地球生物会議」を開きたいという壮大な夢をお持ちの田村氏と、なんらかのかたちでコラボできたら楽しいなぁと思ったりしています。少し前の本ではありますが、興味があったらぜひ手に入れてください。

プログラム一話ずつの購入価格 3,790円(税別)

  • ※パソコンでダウンロードして携帯型音楽プレーヤーで聴くことができます。
  • ※倍速音声ダウンロードはついておりません。
  • ※倍速音声特典付き・お得な料金設定の定期購読もご検討ください。

購入申込み

申込む
ページの先頭へ