プログラム 一話ずつの購入

経営のヒントプレミアムは、経営コンサルタント、石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説した音声コンテンツです。

プログラム内容は、「生き方の極意:成長への取り組み:経営の真髄:から選んだ各回のメインコンテンツ」(約40分)「注目の企業 ビジネスモデルトレンド紹介」(約10分)「今月の一冊」(約10分)の3部作となっていて、石原明とナビゲーターの対談形式で収録されています。

第92回 「石原明が読み解く世界のリゾート事情」

2018年12月27日発売の番組内容を一足先にご紹介致します

メインコンテンツ

「石原明が読み解く世界のリゾート事情」

石原明からのメッセージ


今回は第92回となりますが、ふと気がつけば、この番組も8年近く続いているんですね。ポッドキャスト業界では長寿番組と呼ばれていいんじゃないかと思いますが(#^^#)、無料版の『経営のヒント+(プラス)』も含めると、そのダウンロード総数は"5,000万回"を超えたようです(驚)。最初の頃は「1番組30回は繰り返し聴いてくださいね」などとアドバイスしていましたが、今新しくリスナーになった方にそれを課すと、私の番組を聴くだけで人生を終えられても困るので(笑)、各自の判断にお任せしています。
そんな中、今回選んだテーマは「世界のリゾート事情」です。私自身も、最近また海外に出る機会が増えたのですが、世界トップレベルのリゾートを知ると、日本のリゾート地があまりにも陳腐に見えてしまうのです( 一一) ご存じのように、日本には"平等意識"が根強くはびこっているために、桁外れの富裕層ができにくいですし、日本には真の海外セレブが安心して泊まれるような宿泊施設もないという、誠におそまつな状況になっています。そんな現状を、ぜひみなさんにも知ってほしいという思いからこのテーマを選んだわけですが、今は時代のスピードがすこぶる速いので、「基本的な考え方」+「最先端の情報」さえあれば、成功を手にすることはある意味カンタンです。私が今年(2018年)の春に立ち上げた『石原式ココスタディ(通称ココスタ)』でもそう教えているのですが、かつての成功は、基礎を学んでから、一段ずつ階段を上るように、知識や経験を積み重ねてこそ得られるものでした。しかし、今の時代にそれをやっていては、鍛錬だけで人生が終わってしまうでしょう。つまり、基本的な思考を身につけた人は、「真ん中」をすっ飛ばして、「最先端」の情報を得ればよいわけで・・・そういう意味からのテーマ選びであることを理解してください。
日本人に欠けているのは「人生を謳歌する」という感覚ではないでしょうか。懸命に働くのも美徳ですが、人生を楽しむ姿はとても美しいという感覚を持ってください。この番組の意図するところを十分わかっていただき、日本に富裕層を呼び込む受け皿をつくれる人材が育ってくれることを願うばかりです。

注目の企業

シックスセンシズ

今回注目したのは、メインテーマの中でも取り上げた「シックスセンシズ」です。今、世界一と言っていいほど"イケてる"リゾート施設ですが、近年、世界中で"NEWタイプのお金持ち"が誕生しているのをご存じでしょうか? この『プレミアム』の第89回でも解説したように、現在の社会には「OLDビジネス」「NEWビジネス」「NEWNEWビジネス」が混在しているわけですが、スマホをインフラにした「NEWNEWビジネス」であっと言う間に巨万の富を手に入れた層に対しては、社会全体のインフラやサービスが追いつかなくなっているのが現状です。私としては、大勢の人をもてなそうとするより、限られた少ない人たちを相手に質の高いサービスをしたほうがビジネスとしても面白いと思うのですが、同社のサービスは、そんな私の思考とも一致しているようです。一般的なリゾートと、いったいどこが違うのか・・・ぜひ、あなたなりに研究&体験してみてください。

今月の一冊

『うちの奥さんは、商店街を歩くたびに手を振られるんですがどうなってるんですか?』 高木 純(著) 2018年8月 扶桑社

92_book.jpg今回ご紹介するのは、前回の番組(第91回)で注目した「NIPPON Platform(ニッポンプラットフォーム)株式会社」の代表取締役社長を務める高木 純氏のご著書です。2020年の東京オリンピック、さらに2025年の大阪万博開催も決まり、まもなく日本も本格的なキャッシュレス社会に突入しそうですが、世界のキャッシュレス社会を後押しするために同社が開発した画期的なタブレットを普及させるために、高木社長が考えた天才的なアイデアとは・・・!!? ここで多くは語りませんので(笑)、ぜひ本書を手に取ってお確かめください。

ページの先頭へ