「高収益トップ3%倶楽部」会員規約

第1条 組織・規約

本会員規約は、究和エンタープライズコンコード株式会社(以下「当社」という)が主催する「高収益トップ3%倶楽部」(以下 、「当倶楽部」とする)が提供するサービスを受ける、第3条所定の会員(以下「会員」という)に適用されるものとします。

第2条 主旨・目的

当倶楽部は、企業経営者やそれに準じる方、もしくは将来的に起業を志す方に、「生きた『ビジネスモデル』や『マーケティング』」を勉強していただく会です。

第3条 会員の種類および資格

  1. 会員の種類は次の3種類があります。
  2. 会員の資格は次の通りです。
  3. 会員は、当倶楽部が入会を承認した時点で、本会員規約の内容を承諾しているものとみなします。

第4条 各サービス内容

  1. 各会員が受けられるサービス内容は、次の通りです(以下「本サービス」という)。

第5条 入会手続き

  1. 当倶楽部へ入会し一般会員を希望する者は、当倶楽部所定の入会申込書に必要事項を記入、または当社WEBサイト上(URL: http://ishihara-akira.com/ttcl/)の申し込みフォームに必要事項を記入し、申し込みをするものとします。
  2. 一般会員の者が、さらにVIP会員またはプラチナ会員を希望する場合、所定の申込書に記入し、申込みをするものとします。
  3. 入会は、前条に定める方法による申込みに対し、当倶楽部が審査のうえ「完全勝利実践経営マニュアル」を送達した日をもって会員として承認され、成立したものとします。
  4. 会員は、「完全勝利実践経営マニュアル」が届いてから同封されている所定の会費の支払についての方法、支払期日などに従い次条に定める会費を支払うものとします。会費が所定の期日までに支払われない場合には、その時点で承認を取り消すものとします。
  5. 当倶楽部は、次の場合には会員の入会を承認しないことがあります。
  6. 当倶楽部は承認後であっても承認した会員が前項のいずれかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。
  7. VIP会員またはプラチナ会員の申込みに対し、当倶楽部が審査のうえ当倶楽部からの連絡で承認を行います。前第4項場合や当倶楽部の事情により承認しないことがあります。
  8. 前項によりVIP会員またはプラチナ会員を承認した場合でも、その後の当倶楽部の事情によりVIP会員またはプラチナ会員の資格のみの承認を取り消す事があります(一般会員としての資格は継続します)。

第6条 会費

  1. 会員になるための加入会費・・・6,000円(税別)
  2. 一般会員の会費は次の通り
  3. VIP会員の会費は次の通り
  4. プラチナ会員の会費は次の通り
  5. 入会経過年数は、当倶楽部に入会した時点から換算します。
  6. 入会後1年以内にVIP会員移行する場合は、その月から年度切替えのとき(更新のとき)までの残月数に応じ計上いたします。
  7. 当倶楽部が必要と認めたとき、前項の会費の種類および金額を変更することができるものとします。ただし、当該変更の効力については、各会員の年度途中の場合は、当該会員の同 意を得たとき、また年度切り替えのとき(更新のとき)から発生します。

第7条 決済方法

  1. 前条の会費は、第5条により会員として承認され、当倶楽部から「完全勝利実践経営マニュアル」が送達された日から発生し、前条に定める加入会費および希望する年会費を当倶楽部が指定する方法にて支払うものとします。
  2. 加入会費および入会初年度の年会費は、一括払いまたは分割払いとし、次条に定めるクーリングオフを利用する場合以外では、初年度内での退会の場合、一般会員・VIP会員・プラチナ会員に関わらず、加入会費6,000円(税別)および初年度の年会費60,000円(税別)は、「完全勝利実践経営マニュアル」の購入した場合と相当と考えるため、返還されないものとします(分割払いの場合は、支払が完了するまで支払い義務が継続します)。VIP会員の年間コンサルティングサポート料より経過月数による額を差し引いて、返還するものとする。
  3. 二年目以降の各会員会費の支払については、原則月会費とし、毎月払い(12回払い)と12カ月分一括払いを選択することができます。一括払いの場合は、割引をいたしますので、年度途中の退会の場合でも、返還されないものとします。毎月払いの場合は、会員期間の月まで支払うものとします。

第8条 クーリングオフ(30日間の返金保証)

  1. 会員は、入会申し込み後、当倶楽部から「完全勝利実践経営マニュアル」の送達を受け、所定の期日までに会費の支払手続きを終えた場合、理由の如何を問わず、当該所定の期日から30日以内に当倶楽部に書面、e-mail等の方法にて通知をすることにより、当倶楽部への入会申し込みを撤回することができます。
  2. 前項の入会申し込み撤回がなされた場合は、支払い手続き済みの加入会費および年会費は全額返還します。なお、所定の期日から30日を超えた撤回の申し込みについては、対象外となりますのでご注意ください。
  3. 前第1項の申し込み撤回をした場合には、当倶楽部から送達した「完全勝利実践経営マニュアル」を会員の費用負担にて当倶楽部に返還しなければなりません。
  4. 第5条第3項による、入会申し込み後の期日までの会費等の支払い手続きを行わなかった場合の入会承認取り消しの場合も、「完全勝利実践経営マニュアル」を会員の費用負担にて当倶楽部に返還しなければなりません。

第9条 変更の届け出

会員は、その氏名、住所、登録メールアドレス等申込書に記載すべき項目に変更がある場合は、速やかに所定の方法により届出るものとします。なお、登録メールアドレスについては、届出後、所定の期間を経ないと変更できません。

第10条 譲渡禁止

  1. 会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権設定その他担保に供する等の行為はできないものとする。なお婚姻により姓の変更等、当倶楽部が承認した場合を除き、登録した氏名を変更できません。
  2. 会員が死亡した場合は、会員として有する権利を相続人が承継することはできません。

第11条 会員期間について

 会員の有効期限は、第5条の入会申し込みを当倶楽部が承認した日から30日が経過した日の属する月の翌月より一年間(12ヶ月後の末日まで)とします。

第12条 更新および更新手続きについて

  1. 資格の更新は、自動更新とし、満了1ケ月前までに更新しない旨の所定の書面による通知がない限り、さらに一年間有効期限が延長されるものとし、以降同様とします。
  2. 当倶楽部は、各会員の初年度会員期間満了2ヶ月前まで、および2年目以降で12ヶ月分一括払いの各会員の会員期間満了2ヶ月前までに、有効期限の通知を行うものとします。

第13条 退会

  1. 会員が退会する場合には、所定の方法にて当倶楽部に届出なければなりません。
  2. 退会の効力は、届出の日または届け出において退会日の記載がある場合にはその日の属する月の翌月から発生し、当倶楽部は、当該会員の登録を抹消します。
  3. 退会の届け出があった場合、既に受領した加入会費および年会費その他の金銭の払い戻し等は第7条第2項及び第4項に基づき行なわれるものとします。すなわち、次の通り。
  4. 年度途中で退会届け出があった場合には、会員としての権利を放棄したものとみなし、届け出があった日の属する月の翌月以降、第4条で定める当倶楽部の本サービスをすべて利用できないものとします。
  5. 会員は、退会日までの第4条に定める会費等の未払いが残っている場合には、退会後といえども当該支払い債務を履行するものとします。
  6. 退会した場合でも、「完全勝利実践経営マニュアル」を当倶楽部に会員の費用負担にて返還いただく場合を除き、使用許諾契約は継続して有効に存続しますので、ご注意ください。

第14条 会員資格の取り消し

  1. 当倶楽部は、会員が、以下のいずれかに該当すると判断した場合、会員への事前通知、承諾なしに会員資格を取り消すことができるものとします。
  2. 前項のいずれかに該当する場合でも、当倶楽部は一定の催告期間を設けた上で、本サービスの提供を一時中断することができるものとします。当該催告によっても催告自由が解消されないときは、その会員資格を取り消すことができるものとします。
  3. 本条により会員資格が取り消された場合には、会員は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している会費等の当倶楽部に対する一切の債務を一括して履行するものとします。
  4. 会員が、本条第1各号のいずれかに該当することで、当倶楽部が損害を被った場合、当倶楽部は資格の取消または本サービス提供の一時中断に関わらず、被った損害の賠償を請求することができるものとします。

第15条 責任など

  1. 本サービスに起因または関連して当倶楽部の会員間あるいは会員と第三者との間で紛争が発生した場合、会員は自己の費用と負担において、紛争を解決するものとし、当倶楽部に損害が発生した場合はその一切を補償するものとします。
  2. 本サービスは、提供を受けたことで会員が第2条所定の目的・成果を得られることを保証するものではありません。
  3. 天災、事変その他の不可抗力により当倶楽部がサービスを提供できなくなったときは、そのことにより会員に損害が発生した場合でも当倶楽部は一切責任を負いません。
  4. 当社は、本サービスまたは本会員規約に関連して会員または第三者が被った特別損害(予見可能性の有無を問わない)、間接損害および逸失利益については何らの賠償責任を負わず、通常の損害についてのみ、当倶楽部が当該会員から受領した会費の範囲内で損害賠償責任を負うものとします。

第16条 会員の秘密保持等

当倶楽部のサービスを通じて会員に提供される「完全勝利実践経営マニュアル」、「経営情報レポート」(以下「マニュアル等」という)および各種情報(以下「マニュアル等」と併せて「情報等」という)の知的財産権は、当社または情報等に関して権利を有する第三者の帰属するものであり、マニュアル等については使用許諾契約に基づき使用し、サービス利用の過程で知得した情報は会員自身での使用以外の目的で使用してはならず、また、当倶楽部が事前に書面で承認した場合を除き、第三者に開示しないものとします。

第17条 個人情報の取扱について

当倶楽部は、会員の入会時に取得した個人情報については、当倶楽部のサービス提供のために利用させていただくこととし、サービス提供以外の目的で、会員の許可なく第三者に開示もしくは提供することは一切ありません。

第18条 本会員規約の範囲

当倶楽部は、適宜本サービスに係る個別の運用規定等を設けることができるものとし、当該運用規定等も本会員規約の一部を構成するものとします。 会員はこれを承諾、遵守するものといたします。

第19条 本会員規約の変更

当倶楽部は、事前に会員に通知することなく本会員規約の変更、追加、改廃等(以下「変更等」という)を行うことができるものとします。会員はこの変更等を承諾するものとします。

第20条 合意管轄

会員と当倶楽部および当社との間における一切の訴訟については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

本会員規約は、2011年(平成23年)4月1日より発行するものとします。
改定 2011年(平成23年)7月19日
改定 2011年(平成23年)9月9日
改定 2014年(平成26年)4月1日
改定 2014年(平成26年)10月1日